« 独り言。 | トップページ | 図書館職員のつながりって… »

本屋と図書館

「図書館が頑張ると本屋がつぶれる」という話をする人がいます。
「本は買う主義だから図書館を使わない」という話をする人がいます。

これって、やっぱり「家計やお小遣い節約のために図書館で本を借りる人が多い」ということなんでしょうか。

先にあげた例では逆に、
「図書館で読んで面白かったからそのシリーズ買っちゃったよ」という人もいますし、
「調べたいことが色々調べられて図書館に来て良かった」という人もいます。

ベストセラーの本云々でいうと、
「えーっ、そんなに待つの?もっと同じ本を買えばいいのに」という人もいれば、
「そうだよねぇ、ブームが去ったら無駄だものね」と理解してくれる人もいます。

と、色々例をあげましたが、今日の話題は本屋と図書館』です。

うちの図書館の利用者でも「あの~この本は買えませんか?」と気に入っただろう少し前の本の購入希望する利用者がいます。
今はネットで本を買ったり、郊外店の大型書店で本は買えますし、地元の書店でも注文すれば手に入ることが多いのですが、大抵、そういう話をしてくるのは年配の方。
確かに、何年も前でなくても在庫がすでになくなったりしている本も多いですし、ネットで買うのは難しいという人もやはり多いです。

著作権の絡みになるのですが、絶版で入手不可の資料を購入したい利用者はどうすれば良いのでしょう?
まぁ、借りて全部複写!という人もいるようですが、出版社で再び重版とかしてくれれば良いのですけどね。
そうでないから、復刊云々というサイトが人気なのでしょう。

そこで、出版社で品切れで、ここ1年間は重刷する予定がないものに関しては、その本の定価の半額を出版社に支払うことによって図書館で複写機によって複製を作っても良いこととかになるといいんですけどねぇ。他に条件としては、図書館所蔵の資料っていうのもありになるでしょうが。
可能であれば、複製手間賃として図書館に半額分いただければ、資料費になるかもしれないのですけどね。
(そうすると、利用者は正規品ではない複製物に対し、正規品と同額の支払いになるのですが…笑)

話はちょっと変わりますが、うちの図書館で困ったことと言えば、新聞の縮刷版で、大抵、1年間分しか出版社にはないのですよ。過去の欠号とかが欲しくても購入できないし、CD-ROM版とかは記事の検索はできるのですが、表やグラフや写真などがなかったりして、いまいちだったりしますものねぇ…

同じように、雑誌のバックナンバーもなくなるのが早く、バックナンバーを貸出して汚破損されたり、紛失されたりしても手に入らないことが多々ありますし…

もちろん、著作権法上『他の図書館等の求めに応じ、絶版その他これに準ずる理由により一般に入手することが困難な図書館資料の複製物を提供する場合』っていうのも複製は作れますが…笑

利用者が欲しい場合はやっぱり手に入らないもんなのですよねぇ…

ということで、書店と図書館がくっついたような図書館を想像してみましょう。
保存という点からすると、所蔵資料はできるだけ貸したくありませんよね。
利用者が「あ~この本は読んでみて良かったから欲しいなぁ」といった場合、図書館で本が買える!もし通常の書店で買えないような絶版資料でも、図書館所蔵の資料であれば複写複製物を著作権の気兼ねなしに購入できる…出版社は絶版品切れの資料についても定価の半額の収入を図書館から得られ、収益が出そうであれば重版することにする…
本当なら、所蔵資料は保存用と貸出用みたいな複本が良いのですが、貸出用が汚破損紛失するごとに買い換えてもいつかはなくなるので、複製物を貸出用に…

まぁ、ここまで来ると現実的ではないですし、そもそも、複写複製物を製本したりするのもそれなりに手間隙&費用がかかるので、今の図書館の状態で、絶版資料を利用者が欲しいときに著作権法の気兼ねなしに購入できる仕組みを作るっていうのが、少しは現実的でしょうかねぇ…

図書館と本屋が違うものとすれば、同居が可能かなぁと思い、今日は考えてみました。
もちろん、某T社が指定管理で受けたところで、ネットで本を図書館に取り寄せができるというのも知っていますが、図書館で今は手に入らない本も買えると、需要はあるかなぁと。

そうそう、それとは違いますが、電話で雑誌バックナンバーの所蔵を尋ねられ、ついでにそれが買えないかという電話を遠方の方から2度ほど(異なる人ですが)もらったことがあります。Googleで検索したらたまたまうちの図書館の雑誌検索がヒットしたようで…
「図書館の資料なので閲覧はできますが、購入はできませんよ」と丁重にお断りしましたけどね。笑

|

« 独り言。 | トップページ | 図書館職員のつながりって… »

図書館考」カテゴリの記事

コメント

> まぁ、裏技的に借りて全部複写!というのもしている人がいるようです> が、著作権的にはダメなのは明白です。

デマを振りまくのをやめてもらえませんか。
ここの部分、議論白熱でしょ。

投稿: | 2014年8月 5日 (火) 01:59

> 通りすがり(?)の方へ

ご指摘ありがとうございます。
当時どうしてそういう表現にしたのか覚えていませんが、この表現では30条を全く考えていない感じですね。
「というのもして…」って日本語的に変な感じですから、途中で文章を変えたのでしょう。

なので、修正しました。

ではでは、今後ともよろしくお願いします。

投稿: トーネコ | 2014年8月 5日 (火) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独り言。 | トップページ | 図書館職員のつながりって… »