« 選書ってどうする? | トップページ | 図書館とDVDと著作権 »

所蔵の少ないものを知る権利

日本文学、絵本などの児童書、病気に関する本、コンピュータの関連本、ビジネスに関する本…など、特定分野などに力を入れている図書館は多々ありますが、占いの本を積極的に収集したり、蔵書のほとんどがコミックという図書館ってまず見ません。アイドルの写真集だって、県内のどこも所蔵していない資料もありますし、新進気鋭のアーティストの作品集だってあまり所蔵していないのが公立図書館って感じです。

もちろん、蔵書構成だの予算などがあるので、実際にコミックが他よりたくさん置いてある図書館もありますし、某占い師の著作を購入している(たぶんリクエストなんだろうなぁ…)図書館だってあります。
例えば、有名な漫画家がその自治体の出身者だったりすると、コーナーとしてそのコミックを堂々と住民の理解のもとに収集できますし、作者から生原稿をいただいたりもできるのですけどねぇ…

ただ、コミックのうち、連載ものであると何十巻時には百冊を越えるコミックが続いているので、継続購入の問題もありますが、うちの図書館にあるアルプスの少女ハイジとかのDVDと同様、途中を借りていかれると後半がつかえてしまうことが多々あるような気がします。

やっぱり、一巻分飛ばして先を読むのはちょっと面白くないですし、挙句に利用者に汚破損だの紛失だの延滞だのされると、利用が渋滞してしまうわけで…
コミックを購入するとしたら、最近は買っていないので値段がいまいちわかりませんが、1冊540円くらいでしょうか、そして都内だと1万冊くらいあれば漫画喫茶と対等くらいになるでしょうか…

そうすると540万円…石ノ森章太郎萬画大全集でさえ、購入できないのに(定評があり、ちゃんと功績が認められ、長く漫画を描き続け、長く親しまれているので、うちの図書館の収集方針にも見合うのですが、予算的な制約があって却下されてしまいましたし。というか、県立とか県内どこも持っていないってどういうこと?)他のコミックもとなると予算的に難しいなぁ。

もちろん、漫画文化だって一つの文化を形成しているわけですし、最近はドラマの原作が漫画ということもあり、原作の漫画はどういうのだろうという知る権利をくすぐるようなものもあるのに、「図書館だからコミックはないです」というのもおかしな話かなぁと。
まぁ、普通の出版物でさえ、その100分の1や1000分の1しか収集できない場合が多々あるんですから、優先順位的には下がってしまうんですよねぇ…

ということで、予算と収集方針と蔵書構成、それによる優先順位と司書の選書というのがあるので、県内でどこも持っていないという事態が発生します。
じゃあ、県内で収集されない本はどうするんだ?と言いますと、購入リクエストしてもらうか、国立国会図書館から郵送料払ってその図書館に送ってもらい館内で読むかのどちらかになるかと思います。
で、購入リクエストしても(本来知る権利を保障する機関ということであれば、めちゃくちゃ高い本とか、極端に手に入りにくいものでなければ、購入努力をして保障してあげる必要があると思われるのに)『検討結果、購入できません』とさらっとお断り。笑
確かに、何でも購入ということになれば、通常の資料も購入できませんし、某宗教本とかじゃんじゃん購入リクエストが来て、それを揃えるのも問題ではありますが、若手アーティストが頑張って出した作品集などは購入しても良い思いますけどねぇ…

さて、この原因の一つは各自治体で図書館の運営を任されていることに尽きると思います。
例えば、先ほどあげた石ノ森章太郎萬画大全集、1期ごとであれば、5万円ちょっとなので、県内図書館が分担して購入すれば、県内の図書館で相互貸借しあうことによって、県内どこの図書館の利用者でも全ての情報にアクセスできることになるんですけどねぇ…

図書館の理念は、自治体・県域・国を越えたものであるのに、市町村立のような小さな単位でやっていこうというのはやはり無理があるような気がします。
逆に、行政側の方も「なんで、うちの自治体の税金で購入したものを、他の自治体の住民で他の図書館を利用している住民に貸さなきゃいけないんだ」と言う方もいます。(図書館に対する理解不足なんでしょうが、それなら住民の全需要をまかなえる位の予算をください…)
それなら、各自治体の運用というのをやめて、階層構造(ヒエラルキー)にして、できるだけ県レベル(今の県立がでなく、県全体という意味で)で8割くらいの出版物は守備範囲であるようにしてもらえると、すごくいいのに…で、その頂点は国立日本図書館!笑

このブログですでに書いたかどうだか、忘れてしまいましたが、図書館を図書館らしく運用していくためには、大局をつかめる施設が必要かと思います。

例えば、図書館の除籍本から一般住民の寄贈本や読み終わった本などをコミック本なども含めて…できれば雑誌も一手に集めるような施設。
同じような感じで寄贈ということであれば、矢祭町のもったいない図書館が一応成功しているようにも見えますが、2匹目のどじょうを狙ったところなどは、不要本が多かったり(『財政難図書館、不要本に埋まる 寄贈を募るが多くは廃棄』(http://book.asahi.com/news/TKY200807120078.html):図書館に持ち込まれる本が引越しの際の不要本で、図書館としてもほとんど不要って話。(ビニールコートなど寄贈されたものにもお金がかかるってこともあるわけですし))という話も聞くのですが、もしかするとそこの図書館では不要であっても、県内のどこかの図書館だと欲しいかもしれないし、県内でどこにも蔵書になっていない資料かもしれないし…

では、そういう資料をどこに集めるか…○○県立書庫って新設するのがベストですが、廃校した校舎(教室ごとに分類)やその体育館とか、合併後の旧庁舎とか…まぁ、分散しても把握していればOKということで。
そういう施設があれば、普通なら読み込まれて図書館ではやはり除籍するような本であっても、全部のページがだめになっているわけでもないものがあるので、利用頻度が高くいつのまにか落丁してしまった今は購入できない資料のページ補修や、落書きでだめになったページの差し替え用としても使える資料もあるでしょうし…
(そのページだけ売って下さいって出版社に言ったことはないですが、きっと無理でしょうから)
新古書店などで二束三文だったり、お金にならない引取り本だったりするのなら、有効に使ってくれるかもしれないと思って、そういう施設に寄附したいと思う人もたくさんいるでしょうしね。

逆に、このような施設でデメリットと言えば、もちろん、すぐに手狭になってしまうこと。これに尽きます。
矢祭町だって、40万冊もの大量の寄贈があり、急遽書庫を増築ってことになりましたし、1冊ずつ納本してもらって集めいる国立国会図書館の書庫でさえ、馬鹿でかいものになっていますから、1年間県内図書館での需要が見込めなく10冊以上あるものは保存状態の悪いものから順に、リサイクルフェア(図書館祭りとか呼ばれるもの)に出すことにするとかしないと難しいでしょうね。
ので、地下何階もある施設を作ろうとなると、やっぱり県ぐらいが率先して作ってもらわないと。笑

なんか、こう考えていくと、図書館ではあまり所蔵されない本は、どこぞの利用者が購入して不要になっている確率が高いものも多いと思われますが、それを比較的気軽に閲覧するには、なかなか大変のようです。
漫画喫茶などに行かずに、読みそびれたままの漫画の続きや、ドラマの原作漫画を図書館で読んでみたいというのはなかなか実現しないもんですねぇ。
なので、公立漫画館とかあれば、面白いですね。

|

« 選書ってどうする? | トップページ | 図書館とDVDと著作権 »

私的視点」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 選書ってどうする? | トップページ | 図書館とDVDと著作権 »